日: 2014年12月10日
1012月

ついにリリースされました。 新型V10.6 27.5”

v10whitetransweb
今期WCシリーズ戦中盤より投入された27.5” SYNDICATE TEAM のエースと言っても過言ではない、Josh Bryceland がその実力を証明しました。世界戦でのビックジャンプで足首の骨折・・・やる事がめちゃくちゃでインパクトは抜群。次世代エースの台頭をかんじました。
20141210_1303206
20141210_1303209

NEW V10.6 Full Carbon DH BIKE

・新設計フロント&リアカーボンフレーム
・216mm(8.5”)VPPサスペンション
・27.5” ホイル設計
・アジャスト可能ジオメトリー設計(Hi&Low)ヘッドアングル64° or 63.5°
Color     : WHT ・ BLK
Size     : S・M・L・XL
フレーム価格 : ¥499.000(税別) FOX DHX RC4 or RockShox Vivid R2C
デリバリー :2015年1月より順次
v10cc_blacktrans
1012月

あの、熱く燃えた24時間耐久から早10日。夏の甲子園が終了した球児のような抜け殻状態に思える心情です。

土曜日は雨は降ったものの、気温は想像するより暖かく問題なかったのですが、その影響で過去に経験した事のない、コースコンディションとなりましたが昔のレースを思い起こさせてくれる事となりました。
迎えた日曜日は、秋晴れのようなポカポカのとても気持ちの良い天候で、コーズも次第に渇き、気持ちよく走れたと思います。
優勝の「ナカザワジムA」チームは4人で一晩中走り、71周回数と言う素晴らしい結果を残されました。1周約3.5kmのコースですから一晩で250kmほど走った事になります。
ソロ優勝の「京都MTB朝ライド/TOM’S CRAFT 足立磨砂幸」先週は1人で58周回数をはしり、実に200km以上を単独走り切りました。
ちなみに、24時間で11周回数が最小周回数で、24時間ほとんどキャンプを楽しんでいましたね。こんな楽しみの我々の提案するMTBの24時間レースなのです。
公式HPにリザルト・各チームのラップタイムが発表されていますので、今一度ご確認ください。
20141210_1303155