日: 2017年8月17日
178月

毎度おなじみPINK BIKE内にて面白い記事がアップされておりましたね。先日のEWSを制したジェシー・メラメド選手と5位を獲得したレミ・ゴーヴァン選手のアルチチュードを比較するという内容。

その比較はリアサスペンションにコイルかエアのどちらを使用する?といった内容のものでございます。

こちらは5位を獲得したレミ選手のバイク、コイルサスを採用しておりますね。
よりトレールライドに近いような、ロトルア、タスマニア、アイルランドなどではエアサスを使用し、ウィスラ―等ラフなコースではコイルサスを使用しているようです。

より路面に敏感で、滑りやすい路面にうってつけのコイルサス!

こちらは優勝したジェシー選手のアルチチュード、エアサスが装着されておりますが、こちらはストックではなくジェシー選手向けにチューンしたものだそうで、
よりレーシング向けの設定だそう。エアサスはなんといっても軽量で、コースに合わせてエア圧で設定できるというメリットがあります。

選手の好みにもよってしまいますが、こうして色々機材の変更により更に自分の好みに近付けられるところがまたMTBの面白いところ。

製品にはエアショックが付属してきますが、是非アルチチュードを購入したら色々試してみてくださいね!