174月

Instinctのポテンシャル。

大手スポーツサイクルウェブサイト「BIKE MAG」内のインプレッション記事にてRMBの新型29インチバイクであるインスティンクトがレビューされています。

以前のモデルをテストした時に、その適応能力の高さから、バックカントリーの強いお供?はたまた29インチのプレイバイク?ヘッド角が寝ている乗り心地の良いバイク?リラックスしてトレールを駆け回るバイク?ストロークに余裕をもったマラソンバイク?
その全てに「その通り」 という言葉が当てはまっていました。

まさに優等生と言えるインスティンクト、今回生まれかわったモデルももちろん全てが当てはまるわけですが、全部の平均値が上がっていることをお忘れなく!

RIDE-9システムを搭載し、ヘッドアングルを調節可能となっているインスティンクト、どのポジションにセットしてもクライミング時のボビングは
最小限に抑えられ、ペダリング効率が非常にアップしていることが今モデルチェンジの特徴の一つでもあるんです。

チェーンステーのベアリングは見た目とともにヒールクリアランスも確保されたデザイン、狭いトレールでも強い味方になりますね!

テストでは同29インチのバイクと比較し、インスティンクトに比べショートトラベルのバイクと同じぐらいのクライミング性能があるとのこと!それでいて140mmのストロークは嬉しい限りであります。

ダウンヒル時においての性能は、まさにクライミング性能を示した文章をそのまま逆にした言葉が当てはまるとのことであります。
140mmのリアストローク、29インチのワゴンホイール、1200mmのホイールベースをもつ車両はどんな下りも問題なくこなせる仕様!

テストによるとサグの設定は29%が一番落ち着いたそうで、RIDE-9システムによりセッティングを変更したときにもマッチしてくれるとのこと。

マラソンレースでの長距離を走る相棒から、バイクパークを駆け回るやんちゃな遊びまで、数分の作業とアーレンキー2本で幅広く対応いたします。

まさにどのバイクにしようかなと悩んでいるあなたにおススメできる、それがインスティンクトであります!