カテゴリー: SEVEN CYCLES
2511月

こんばんは、いよいよエイアンドエフ24時間耐久MTBレースが明日に迫ってまいりました!

大会準備日の今日は富士山もクッキリの快晴で、明日からのレースも本当に楽しみとなっております。

レース開催は12時から、様々なイベントありますよ!

レースに、キャンプに、物販に、24時間ガッツリ楽しんでいきましょう!

SNSに写真をアップする時に、#af24hmtbとつければ終わった後もみんなで楽しめます。

是非ガシガシ楽しい模様をアップしてくださいね。

それでは明日、会場でよろしくお願いします!

2411月

昨日勤労感謝の日、23日に麻布十番ではアツいパーティが開催されておりました!

そうです麻布十番駅6番出口から出てすぐのサイクルショップ「Room」さんのオープニングパーティです。

六本木ヒルズも見える好立地に、最新のMTBやアウトドアグッズが見れる夢のような空間がオープンしました!

room8

この看板が目印でございます!螺旋階段を下った先にお店が広がってます。

room11

SCB、SEVEN、KING、TLDとエイアンドエフサイクル用品が目白押し!

さらにはサイクル用品だけでなく、アウトドア用品も色々なジャンルが見えますよ。

かなりのこだわりでたちあがった「Room」さん、皆さんも是非お立ち寄りくださいね。

東京都港区東麻布3-8-8 明商ビルB1F

こちらが店舗住所です!

 

2510月

こんにちは、本日はSEVEN CYCLESの話題になります。

SEVENではロード、シクロクロス、グラベル、コミューター等様々なバイクをつくっておりますが、

もちろんその中にはMTBも含まれております!

もちろんMTBはハードテールフレームになりますが、最近はフルサスでなくてもリアのスル―アクスルを採用しておりますね。

SEVENもこれまで12mmスル―アクスルに対応しておりましたが、今回新たに12mmスル―アクスルエンドをアップデートとのことであります!

sevendrop

写真だけでも奇麗な作りでありますね!開発とデザインに1年以上の歳月を費やした、間違いないドロップアウトとなっております。

情報によると、来週よりSL、SLXのグレードに装着されるとのことで、今後オーダー頂いた方にはこちらのタイプが付属致します!(Sは従来通りになります。)

主な特徴として、

・刷新された12mmスル―アクスルデザイン。

・テストされ認められた十分な耐久性と剛性。

・ダイレクトマウントディスク対応(アダプターでフラットマウント、ポストマウントにも対応)

となっております。しっかりSEVENロゴも彫られてきますよ~。

是非みなさん刷新されたエンドの日本ファーストユーザーになってみては?!

 

1710月

カーボン/チタンラグの最高峰ロードモデル「622SLX」が新たに入荷しました。

sevencycles 622slx

img_0287

sevenロゴのないシンプルな外観、ヘッドバッジのみのさりげない主張仕様となっております。

以前こちらのブログで別のお客様の622slxを掲載させていただきましたが、

よくよく見比べてみると、ヘッドチューブやシートステイの作りにも違いが見つけられますね。

http://www.afbikes.com/622slx-%e3%81%9d%e3%81%ae2/

オーナーに合わせた専用設計はこのような目で見えるところ以外にも、チューブの剛性の持たせ方など、Totalで設計されています。

img_0290

img_0295

完成車画像がゲットできましたらまたこちらでご紹介させていただきます!

 

 

 

147月

sevencyclesのマウンテンバイクフレーム SOLA SLXが先日入荷しました。

このSOLAは使用するマテリアルによって大きく5種類のラインナップがありますが、今回入荷したのはウルトラバテットチタンチューブを使用した軽量チタンチューブモデルです。

sevencycles SOLA SLX

IMG_9552

もちろん、オーナー様に合わせたカスタムオーダーで、ホイールサイズ、使用予定のフロントフォーク、乗り味などもすべて含めてこのフレームがデザインされています。

sevencyclesで使用するチタンチューブはストレート/ダブルバテット/ウルトラバテットの大きく3種類から選ぶことができ、今回のSOLA SLXはウルトラバテットのチューブを使用した軽量化も追求したモデルです。

IMG_9553

IMG_9555

IMG_9559

IMG_9560

今回のオーナー様は、ハンドルステム、シートポストもカスタムオーダーされましたので、このパーツを使用した状態でのポジション出しもsevencyclesのお勧めとしてスペックシートにデザインが上がってきます。

IMG_9565

IMG_9561

現在最新パーツを調達中とのことで、まだ組みあがっていないとのことですが、完成した写真がいただけるようであれば是非またアップしたいと思います。

いやー、それにしてもやっぱりチタンの無垢はなんだか魅力的です!

 

 

 

 

137月

昨日Shop様から納車された sevencycles 622SLX

オーナー様のご厚意で納車後の様子を撮らせていただきました。

IMG_9671

IMG_9673

IMG_9695

IMG_9683

IMG_9680

622SLXは現在のロードバイクラインナップの中ではトップグレードのモデルになりますが、「やっぱりちがうね!」というのがオーナー様と、納車したshopオーナー様の共通したご意見でした。こちらのshopではお客様同士それぞれの自転車を乗りあったりするそうで、みなさんいろいろと乗り比べができる環境だそうです。

「どんな感じですか??」と質問しましたが、「いや~軽いねー!」というのが第一声。

なかなか言葉で表すのはむずかしいですし、何よりオーナー専用設計(フルオーダー)ですので巷にあふれる言葉が当てはめられないとは思いますが、それでもこの「軽いね」の中にたくさんの喜びが詰まっていることは間違いなさそうです。

持って軽い、乗って軽い、伝わってくる振動も軽いし踏み込んだ時の反応も軽い!

「路面の表面のうすーいところをサーッと走っていっちゃう感じ」

いやー深いです。この言葉にはたくさんの意味が含まれているのでしょう。

これからたくさんの距離をこの自転車と遊べるのは楽しそうですね!

sevencycles(セブンサイクル)の本国スタッフも作られたフレームが飾られるのではなく使い倒されることを喜ぶ人たちですのでガシガシのってまた写真撮らせてください。

 

IMG_9692

 

47月

sevencycles 622SLX

カーボンパイプとチタンラグを用いてハンドメイドされるsevencycles最高峰ロードモデルです。

納車直前の写真を撮らせていただきました。

最高の素材でオーナーに合わせた専用設計で組みあがったこのフレーム、どんな乗り味か興味津々です!

情報がいただけるようであれば後々アップするとして、

取り急ぎはフレッシュな画像をご紹介させていただきます。

★IMG_9525

IMG_9506

★IMG_9518

★IMG_9520

★IMG_9515

★IMG_9522

★IMG_9511

★IMG_9509

★IMG_9508

 

216月

ちょっと前になりますが、ようやく組みあがった最初の週末にSEVEN乗りの大先輩と初乗りにでました。

お年は60をこえていますが、今でもロード、マウンテン問わずにガシガシ乗っておられまして現役ばりばりです。

IMG_1151

大先輩は昔組んだ SEVEN ELIUM。チタン×カーボンのハイブリットモデルです。

とりあえず新宿に集合して、適当にぐるっと走ってこようということで出発しました。

当日は晴れてはいるものの台風のような強風が吹き荒れ、なかなかハードな条件でしたが六本木、築地、月島、勝鬨橋を渡ってお台場方面、ちょっとした東京観光のようなコースです。ひとりで走っているときにはあまり都心には出てこないのですが、週末の都心は車も少なく走りやすいですね。

IMG_1157

10時くらいからスタートし、のんびり走りながら若洲の公園で一休み、その後荒川に入ったところでそれぞれ帰路につきました。

昨年10月、突然の首の痛みでなかなか自転車に乗れない状態になってから、ここまでほとんどまともに長い距離を走っていませんでした。

ロングライドが楽しくなり、バイクパッキングにも興味が高まってという矢先のトラブルでしたので、結構がっくりと不安になってしまったのですが、それがSEVENオーダーの後押しになったということもあります。

初のフルオーダーフレーム、身体の採寸と、こんな自転車が欲しい という希望を投げて、フレームデザインはお任せで上がってきたaxiom steelですが、

フルオーダーの恩恵を十二分に体感することができました。

オーダーの内容は大雑把に「首の痛み軽減」「快適なロングライド」。 実はこの日、それまで10~15kmをちょこちょこ乗っているにとどめていたので身体はあまりできていなかったと思うのですが、のんびり走っていたとはいえ、最終的には100kmライドになっていました。

しかも、強烈な北風で南埼玉方面に北上していた時は時折インナー×ロー(22×23)まで落とさないと止まってしまうほどの条件の中です。

驚きました。大したポジション合わせもなく、メーカーのお勧めセッティングのままでも、ほぼ違和感はなかったです。

しっかり踏めるサドルの高さ、ひざの位置、無理なく届き窮屈でないハンドル位置、とても快適でしたし、なにより一番の懸念だった首の痛みですが本当に軽くなりましたしあとに残らなかったです。(そのあと2度ほど100km超え乗りましたが、首痛くないです!)。

あと印象的なのはへろへろの100kmではなく、最後まで足が残っています。これは大げさでは無くて、もっと走りたいな!とほんとに思えます。

でも別に柔らかくて剛性が無いフレームではないのですよ。もちろんしっかり走ってくれるフレームです。プロの身体ではない素人としては不足を感じることはないのではと個人的に思います。それよりも、身体が元気なので楽しいライドがもっと長く楽しめると思います。

フレームの性能がすべて影響しているのだろうなと自分でも感じられました。

一緒に走ってくれた大先輩も、今回乗ってきていた初めて組んだロードモデル「elium」はいまだに全く飽きないし楽しく乗れているそうです(10年以上前ですよね)。

IMG_1223

この楽しい体験があるからこそ、sevenユーザーは2台目3代目とリピートする方が多いのでしょう。

とりあえずはまだまだこれから距離を延ばして行きたいと思います。 つづく。。。

 

 

 

 

65月

axiom steel

IMG_1158

IMG_1160

IMG_1159

IMG_1161

IMG_1162

IMG_1163

IMG_1164

【axiomオーダー リクエスト】

・100kmライドを快適に

・30~33km/h巡行を長くこなせるようトレーニングしたい(体力アップよりも現状維持目標)

・50歳でものれるスムースなフレーム

・レースはしない/solo ride

・首の痛みを軽減したい

【Request】

・Comfortable riding for 100km

・Want to training for riding a long time(30-33km/hour at flat road)

・Smooth flame that can ride at the age of 50

・Basically solo ride/ not gonna participate the racing

・To reduce the neck pain

 

 

274月

sevencycles MUDHONEY steel

2011年につくられたMUDHONEY

新宿の老舗バイクショップオーナーのものです。

プライベートで8台のsevenを所有し走り回っています。sevenの設立時から取り扱いを始め、これまでに50台ほどを納品しています。

多くのお客様がリピートしており、それこそsevenの魅力を表していると思います。

makishima mudhuneysteel2

makishima mudhuneysteel3

makishima mudhuneysteel5

makishima mudhuneysteel1