月: 2017年3月
113月

世界のフリーライディングシーンを率先してきたロッキーマウンテンの、2017シーズンを共にするフリーライドチームのメンバーが発表されました!

往年のレジェンドライダーから、ランページ等でバリバリ活躍するヤングライダーまで、

昨年同様引き続き濃いメンバー構成となっておりますよ!

RMBの看板ともいえるトーマス・バンダハム。今年もウィップからアドベンチャーまで活躍してくれそうです!

そしてカナダフリーライド界の重鎮、ウェイド・シモンズ、そのシグネチャーカラーは今でも多くの人々を魅了しておりますね。

現在は主にトレールライドでのシーンがメインとなりますが、そのライドは見ている人を楽しくさせます。

ジョフ・ガルビッチもそのまま継続、昨年は日本に来日し、素晴らしい風景と共にライディングしていたことが記憶に新しいですね!

その旅の模様のムービーが近日中にアップされることでしょう。お楽しみに!

若手筆頭のヤングアメリカン、カーソン・スト―チもそのまま継続、RMBのぶっ飛びシーンを引っ張ります!

昨年はレッドブルランページでベストトリック賞を受賞し波に乗っているライダー、今年も期待大でございます。

一つ残念なお知らせが、その愛嬌のあるキャラクターとインタビューで今やMTB界のアイコン的な存在となっていた、

ブレット・ティップルが離れることになったそうです。

あの賑やかな声はまだまだ健在でありますので、どこかで聞ける日をまた楽しみにして送り出しましょう!

そんな感じで豪華なメンバーが今年もRMBを盛り上げていきますよ~!

103月

現在ニュージーランドにて開催されている、先日御紹介したSVEN・MARTIN主催のNZエンデューロ、

世界各地よりライダーがたくさん集結しておりますよ!

その中でも我らがパーティアニマルCGと、ジョシュ”ラットボーイ”ブライスランドの明るいコンビが

大分ワイルドなコースを駆け回っております!

コースはかなりジャングルのような感じでありますね~。道が細くて落ちたら・・・みたいなコースNZぽい!

CGも途中のなんてことない場所?(笑)でクラッシュしたり、牛さんがお散歩していたり、愉快な感じでありますが

とりあえず楽しそう!レースも既に始まっているようですので、是非みなさんSCBクルーを応援してくださいね。

93月

昨日は世界女性の日であったそうで、それを祝って女性ライダー特集がされていたりしております。

MTBはオフロードで汚れるし、転んだら危ない・・・なんてイメージを持っている方も多いのではないかと思いますが、

世界では今レディースMTBブームともいわんばかりにライドしている女性が多いんですよ!

もちろん時には転ぶときだってあるかと思います。だけどしっかりDHでもプロテクターをすれば怪我も防げますし、

なによりそれ以上の楽しさが絶対乗ってみれば分かるはず!

バイクやギア―が・・・なんて心配も御無用、最近ではレディースラインナップもかなり充実してきております!

TLDからももちろんレディースラインの商品がありまうすよ!カットやサイズ、デザイン等も専用となっておりますので、

ばっちり自分のライディングに集中できますよ~。

SCBのレディースブランド、JULIANAもエイアンドエフから販売しております。こちらもSCBのバイクテクノロジーはそのまま、

サイズやジオメトリーを女性が乗りやすいように設計しバッチリフィット致します。JULIANAプロチームに代表されるように、

ライダーが開発しているので信頼できますね!

日本の女性ライダーのみなさん、もっとガツガツ乗って盛り上げていきましょうね。

また興味をもっている方や、まだオフロードは・・・というあなた、乗ってみれば絶対そのたのしさに気づくはずです!

フィールドで待っているだけでなく、友達と、彼氏と、旦那様と一緒にライドに出かけましょう!

 

83月

今回のNZ通信は、クイーンズタウンエリアにある「Coronet Peak」というエリアについて御紹介!

タウンから15キロ程離れた山の上にあるスキー場でございます。

先日御紹介したアロータウンとのちょうど間あたりにあるんですね。

ここはいわゆるNZ!的なワイドオープンで開けたトレールがメインになります。

ここにはコースが3つ程あるのですが、その全てが開けていてかなり気持ちの良い眺めとなっております。

「CORONET XC」という登りがメインなトレールがあり、トップまで登ることも可能でありますよ!

少し斜度が急でしんどいですが、登りきった後には最高の景色が待ち受けております。

向こうに見えるはベン・ロモンドというハイキングでも有名なエリアになります。

反対側の景色ももちろん最高です!

山頂からはまた「CORONET DH」というトレールを降りることになるのですが、こちらもジャンプ、バンクがつづく開けたコースでかなり面白いですよ~。

そしてその後は有名なコースの一つである「RUDE ROCK」というコースに続きます。

こちらのコースもかなりワイドオープンで、DHからAMバイクまで、初心者から上級者まで、レディースライダーも楽しんでおりますよ!

そしてここには有名な岩が一つあり、コースの名前にもなったこんな形のモノがそびえたっております。

その後は御想像におまかせするとして・・・。(笑)

Coronet Peakに来るためにはもちろん車で行くことが楽ちんなのではありますが、

タウンからBIKE TAXIという名前で定期便も運行しております。

到着後も搬送で何本か走れるので、お得感が高いはず!

是非クイーンズタウンに訪れた際には、スカイラインゴンドラだけでなく、是非こちらCoronet Peakにも行っといて損は無いですよ!

73月

世界最速の名をほしいままにしているアーロン・グウィン選手のオフシーズンのトレーニングの模様、

バックボーンであるモトクロスからダウンヒルまでこれぞアメリカというトラックを走り回っておりますね!

当然DHライディングの時はTLDのD3ヘルメット、そしてSDGのポストとサドルを使用しております。

それにしてもこの安定感、ムービーからでも力強さを感じてしまいますね~。

世界最速を目指すあなたに必見のムービーでございます。

ダウンヒルは当然ですが、モトクロスのシーンでもビックリするぐらい速いですね。(笑)

みなさんとりあえず真似できることはヘルメットとシート周りから!

2017年モデルのD3とSDGで今年はシーズンオフから全開です!

63月

先日A2やその他ヘルメットラインを御紹介したTLDでございますが、スネークピーク的に今度はジャージ類がローンチしておりました!

レース向けに開発されたスプリントシリーズから、カジュアルライドというライディングから街中まで使用できるモデルまで、

今年もTLDアパレルは全てのシーンにマッチするようになっておりますよ!

もちろん変わったことはカラーだけでなく、色々な仕様もアップデートされておりますよ~。

こちらはルーカスシリーズでございます。トレールライドに本当にお勧め!丈夫でありながら動きやすく涼しいモデルで、

便利なポケットもついております。

TLD本社の周りには、写真のLucaが飛んでいるようなDHトラックから、クロスカントリートラックが豊富に存在しており

休日や仕事終わりにはスタッフがテストを兼ねて走り回って楽しんでいるそうです!

そんなライドを重ねられて生み出された製品なので、走っていてストレスを感じないのも分かりますね。

TLD本国サイトにてこっそりチェックできますので、是非全身コーディネートで妄想を膨らませてくださいね~。

53月

ワールドカップシーンを追いかけることが好きな人には一度は目にしたことがあるであろう、SVEN・MARTINというカメラマン。

もともとワールドカップレーサーでありながら、引退後はカメラマンとして世界を渡り歩いています。

そんなSVENのパートナーもANKA・MARTINというライダーで、もともとDHで活躍し、現在はEWS等を中心にレースに出場しておりますね。

オンシーズンはかなり忙しい彼らでありますが、オフシーズンも夢のような暮らしを送っているようで、

その風景が特集されておりますよ。

Molini, Finale, Flims

レースシーズンであるオフには南半球であるNZに拠点を置いて、日々トレイルライドを楽しんでいるそうです。

乗っているバイクはもちろんサンタクルズとジュリアナ!まさに理想の風景ですね。(笑)

昼間はバイクに乗り夜は絶景の星を見ながらビールを・・・なんて最高の一日でございます。

最近はブロンソンやフルタド等、どこでも走れてしまうようなバイクが増えてきて、クルマに積んで出かければ

どこでもアドベンチャーになってしまいますね。

そんな二人はオフシーズンに(南半球のオンシーズン)NZ ENDUROというエピックマルチデー形式のエンデューロレースを

開催しているようです。

是非みなさんもこんな夢のような日を体感しにNZへ行く良いきっかけになるかも?!

QUEENSTOWN Summer 15/16

サンタクルズのプロモーション写真になるような、こんな素晴らしい景色があなたを待ってるはずです。

ノマドかブロンソンがお似合いですかね、もちろんフルタド、ジョプリンも!(笑)

 

43月

海外バイクメディアであるNSMBにて、サンタクルズライダーズのインタビューがシリーズ化として掲載されるようであります。

第一弾はいまや世界で一番テレビで見るかもしれない?ライダーであるダニー・マカスキル選手のものになりますよ!

その超人的なライドはもちろんながら、かなり人柄も良さそうで今やイギリスの星として注目されております。

もともとダニー選手はバイクショップの店員で、本当に乗ることが好きで好きであのレベルまで達したようですね。

そして衝撃のビデオをリリースした時から今に至るシンデレラストーリーを持つライダーの一人になります!

今でも住んでいるところは友達6人とのシェアハウスということで、多くを求めず純粋に楽しむ事を第一にしているダニー選手、

これからもどんどんSCBにライドして、多くの人を驚かせてほしいですね!

インタビューはこちらから。あの超絶なテクニックの秘訣はどこからきているのか、是非チェックしてみてください。

33月

今週TLDの新型ヘルメット、「A2」が発表され話題騒然となっておりますが、

もう一つライダーを楽しませる日であったことを忘れてはいないでしょうか?!

そうですフルフェイスヘルメットのみんなの憧れである、「D3」の2017カラー発表の日でもあったんですね。

もうみなさん既にチェックはしておりますでしょうか?

今年はMIPSが導入されているモデルが増えて、更に安全性とスタイルを兼ね備えております!

全カラーや細かいディテール等はTLDサイトでチェックできますよ~。

世界最速を目指すためにはまずこのヘルメットから、自分だけのカラーを見つけるも良し、

チームで揃えるも良し、多いに悩んでくださいませ!

23月

先日SEVENの記事でバスケットボール選手が自転車に、なんてお話をいたしましたが、

実はあのレジェンドNBA選手も自転車が大好きなことを知っておりましたでしょうか?!

しかもそれはMTB、それもファッションとかではなくてかなりガッツリ乗っているようでございます。

そうですあのレジ―・ミラー!バスケットボール好きには知らない人はいないのではないでしょうか?!

現在は解説者として活躍しておりますが、同時にかなりMTBレースにも熱を入れているようですよ。

乗っているバイクはもちろんサンタクルズでございます、そして200cmの身長通りにモデルはトールボーイなんですね。

まるで29インチのホイールが小さく見えてしまいますが、そんな大きなライダーにもサンタクルズのバイクは対応しておりますよ!

レースのスタートで隣にレジー・ミラーがいたらビックリですね。(笑)すぐに分かってしまいそうですが・・・。

そんなトールボーイはエンデュランスレースはもちろん、275+のホイールも装着することができますので

本当にさまざまな場面で活躍してくれることでしょう!

バスケット好きなあなたにも是非お勧めの一台です。