月: 2017年8月
118月

RMBエンデューロライダーであるRemi Gauvin選手がカナダはスコーミッシュにあるトレールを、アルチチュードを駆り疾走しております!

なんでもこの企画、皆さまご存じPINK BIKE発だそうで、地元のトレールでのヒーローに挑戦しようといったもの!

スコーミッシュをベースに活躍するRemi選手がコース紹介も含めてトレールを気持ち良く走っております。

動画にはバイク紹介等も入っておますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

実際にこのトレールを走ったことがありますが、Remi選手本当にスムーズで速いです!(当たり前。笑)

アルチチュードはこんなダスティーな路面でも、しっかり捉えてくれますよ。

108月

今週末からいよいよマウンテンバイクの聖地ウィスラ―ではクランクワークスがキックオフとなります。

EWS、AIR DH、スロープスタイルとイベントも盛りだくさん!世界中からライダー、観客、MTB大好き人間達が大集合致します。

イベントを観戦はモチロンのこと、ウィスラ―ビレッジ内はかなりの観光施設が整っており自転車ショップもたくさん!

その中でも際立ってカッコイイのがTLD専門店であることは間違いありません。

色々なディスプレイはブランドン・セメナックやキャメロン・ジンク等、TLDを代表するライダーのものばかり、実際に使用していたものなのでかなりの雰囲気が出ております・・・!

店舗内はもちろんフルラインナップとも言えるTLDアパレル達が!かなりの量とサイズが揃っております。

どうでしょう、見ているだけでもワクワクしてこないですか?是非ウィスラーに来た際にはお立ち寄りを!

バイクパークをライドして、TLDショップに訪れて、最高のMTBデイになること間違いないですよ!

98月

みなさんバイクパッキングというワードを一度は聞いたことがあるかと思いますが、はたしてどんな感じ?と思っていらっしゃる方も多いと思います。

もちろんファットタイヤで、バイクにバックをたくさん装着して、一週間ぐらいかけて・・・という楽しみ方も面白いこと間違いないのですが、
もっと気軽に楽しめるバイクパッキングをRMBアンバサダーであるアンドレアス・へスラ―がレポートしております!

もちろんライドするバイクはRMB、通常のイメージだとリジッドフォークのファットバイク・・・というようなバイクパッキング車両のイメージですが、今回はよりトレールライドを楽しむため、フルサスペンションバイクにドロッパーポストといった所謂AMバイクで4日間の旅をしたようです!

そして旅をする場所はアンドレアス達の裏庭ともいえるトレールとのこと。日帰りで帰れる場所でも、こうして視点を変えた楽しみ方をすると新たな発見があるかもしれません!

出発前に、どこで寝て、どこでご飯食べて、なんてルートとプランを決めるところから楽しいのがバイクパッキングのよいところ。

仲間とプランを立てて、あなたもこの夏どこかに旅をしてみてはいかがでしょう?もちろんビールは忘れずに!

88月

早速各方面から、あの伝説的な大会となったUCI WCモンサンタン大会DHのムービーがアップされておりますね!

あのアーロン・グウィン選手の感動の走りから、TLDライダーが活躍するものまで、興奮がまだ冷めきっていない人も多いかと思いますが、振り返ってもう一度沸騰させてしまいましょう!

こちらはハイライト動画、雨の強さが分かりますね・・・!

こちらは優勝したアーロン・グウィン選手擁するYTの動画、スーパーマン!

TLDヘルメットを着用するトロイ・ブロズナン選手とマーク・ウォーレス選手のキャニオンチームのもの、惜しくもこちらは雨の犠牲となってしまった側でありました。

それにしてもこうして終わった後すぐにムービーは見られるなんて凄い早さでありますね。ハードワークのフィルマー達に感謝です!

 

78月

先週末は北の大地でもアツいレースが開催されておりました!日本各地を回るダウンヒルレースシリーズ、「DOWNHILL SERIES」、
初開催となったニセコグランヒラフ大会で見事にSDGライダーである井手川選手が優勝!

大会で使用したコースもかなり面白かったようで、スノーシーン同様に北海道の地が盛り上がっていくことは時間の問題でありますね・・・!

最近どんどんと飛行機に自転車を載せたりすることが簡単になってきているような感覚があります。

今まで旅行に手ぶらで行っていたところに、自転車持って出かけてみるのも面白いかもしれないですよ!

レースレポート、大会の模様はDOWNHILL SERIESのFBページでチェックすることが出来ます。是非!

68月

昨日開催されたUCI MTBワールドカップモンサンタン大会、決勝レースでは有力ライダーの出走時間帯にまさかの雨が本降りになる展開でありました。

多くのライダーがスリッパリーに変わったコースに苦戦しタイムを落とす中、この男がやってくれたんです!

そうですアーロン・グウィン選手!みなさんこのミラクルランはもうご覧になったでしょうか?見た人も、見てない人ももう一度マストウォッチです!

ダウンヒルレースはたまにこういったすさまじいライドが見ることができるのでほんとうにエキサイトいたしますね。

装着しているヘルメットはもちろんTLDのD3ヘルメット、そしてウェットコンディションのライドで重要になるサドルはSDGでございます!

いやはや言葉に出来ないとはまさにこのこと、みなさん走りは真似できなくても、装備は真似できますよ。(笑)

これにて最終戦までもつれ込んだワールドカップランキング争いにも大注目です!

58月

UCIワールドカップ、DHも早いものでもう後半戦。今週末は四半世紀以上に渡って開催されているカナダはケベック州にあるモンサンタン大会です!

既に予選が終了し、トップを獲得したのはTLDのD3ヘルメットを装着し、SDGのシートを使用するアーロン・グウィン選手!

かなりハードなコースで知られるモンサンタン、やはり超人のような体をもつグウィン選手に有利なのでしょうか?!

他にもTLDライダー、SDGライダー共にたくさん活躍するはずです!現在ランキング2位のトロイ・ブロズナン選手や今季大活躍のジャック・モイアー選手にも大注目でありますよ!

また最近ダウンヒルレーシングシーンにおいても、ホイールサイズであったり、機材の開発競争が凄いですね。

自転車界のF1とも言われるダウンヒルですが、そうした機材面にも注目すると面白いですよ~。

ライブ動画もおなじみレッドブルコンテンツより観ることが出来ます。お気に入りのライダーを応援しましょう!

48月

長い間ROCKY MOUNTAINジャパニーズライダーとして活躍を続ける日本フリーライド界の第一人者、高橋大喜選手。

今年も8月期間中、ウィスラ―をベースとしたカナダ遠征がスタートした模様です!

バイクもカッチリと決まったSLAYERのニューカラー!かなり色々な人から注目の目線を集めておりました・・・。

日本からライダーをアテンドするツアーや自身のライディング等、これから一ケ月間はかなり忙しい夏になるようです!

現在ウィスラ―周辺は乾燥が凄くて路面もバフバフ、気温も夏らしく高いですので来られる皆さまは熱中症対策に気を付けてくださいね。

またこちらで最新のコース事情を吸収し、それがふじてんリゾートや茂木のコースへ反映されることでしょう。

益々日本MTBシーンの盛り上げの一役を担う高橋選手の活動にご注目ください!

38月

世界の各地で尋常では無い規模のジャンプをプロのライダー達がデモンストレーションするツアー、「FEST SERIES」
その大きさと、技の入り具合には毎度驚きを隠せないこと間違いないですね!

2週間程前にベルギーにて開催されていたFESTシリーズも、世界一自転車で飛べる大きいジャンプなのでは?と思うほどのサイズでありました!

かなり大興奮、大迫力であったようですね!

ただその一方で残念なこともありまして、オーストラリアンライダーであるレミ・モートン選手が練習中のクラッシュにより重症を負ってしまいました。

スタイリッシュなジャンプで知られ、レースだけでなくこうしたジャンプイベント、パンプトラックイベントにも参加していたレミ選手。TLDを格好良く着こなすライダーでもあります。

FEST SERIES練習中に、最終ジャンプで飛びすぎクラッシュ。幸い意識はしっかりしているそうで、ライディングまでは少し時間がかかりそうですが、またレミ選手の華麗なジャンプが見ることができるよう、皆で声援を送りましょう!

今後の復活のためにかかる費用や、家族の渡航費などをサポートする支援ページもライダー仲間によって設立されております。
レミ選手のジャンプをまた見たい!というファンの皆さん、是非チェックしてみてください。

Get Well Soon, Remy!

28月

先週末アメリカはアスペンにて開催されていたEWS第6戦、我らがRMBチームが見事にチーム優勝を成し遂げました!

なんとトップ10にライダーが3人も入るという活躍ぶり、標高の高い場所である意味#altitudesicknessな走りを決めてくれたようですね!

今回はやっと雨も降らずにWetシリーズでは無かった大会、ダスティーでロッキーなコースを選手たちは疾走したようです!

優勝はレジェンドともいえるサム・ヒル選手でありダウンヒルライダー寄りの選手に有利なコースであったのではないでしょうか?

色々開催国やステージによって、選手の向き不向きが現れることもエンデューロの面白いところでありますね!

バイクも27.5インチ、29インチ、そしてサスペンションストロークも人によって異なったり、まだまだ模索中でもあると言えるこの競技、
間違いないことは楽しいってことであります。RMBのバイク達は、そんな楽しみを最大限に引き出してくれるはず!

TLDライダーであるジェローム・クレメンツ選手もD3が決まっております!

次回はカナダ、ウィスラ―ラウンドとなります。クランクワークスと同時開催なので盛り上がること間違いなし、

ジェシー選手の地元でもありますので、優勝に期待がかかります!