カテゴリー: ROCKY MOUNTAIN BICYCLES
134月

Vital MTBおなじみのコーナーである「Bike of the Day」、世界中の愛好家たちから自慢のバイクが投稿されております。

そしてここ最近RMBのバイクが立て続けに表紙を飾っておりましたよ!

まずはシンプルにまとまった「ALTITUDE」一見あまり完成車からの変更が無いように感じますが、このバイクのこだわりは何と言ってもこのパーツでしょう。

そうですキャリパーに刻印されたLove the rideの文字、RMBの謳い文句とも言えるこの言葉、きっと性能も2割増でしょう(笑)

お次はこちらのビビッドなスレイヤー!前後FOXサスペンションで固められ、マッチングもバッチリであります。

トレールからバイクパークまで、みんなの注目の的になること間違いなし、是非ご参考にしてくださいね。

みなさんも自慢のバイクを投稿してみてはいかがでしょうか、もしかすると世界中から注目のバイクになるかもしれませんよ!

124月

少し前にその壮大なプロジェクトをお伝えしたRed Bullがプロデュースするそのフィルム「North of Nightfall」

RMBライダーであるトーマス・バンダハム、カーソン・ストーチ、そしてTLDライダーであるキャメロン・ジンク等トップフリーライダーが参加しております。

ついにそのティーサーが公開されましたが、そのスケール感はまさに息を飲むほどであります!

カナダのより北極に近い土地、いまだかつてMTBが踏み入れたことが無いであろう数々のビッグマウンテンを相手にライダー達がたくさんのラインを
アタックしております。

公開は6月5日となるようで、またマストチェックなフィルムが一つ増えましたね!

74月

RMBを代表する女性グラビティ系ライダーの一人であるVaea選手がニュージーランドの広大なトレールや、
クイーンズタウンのバイクトレールを気持ちよさそうに疾走するムービーが届きました。

その素晴らしい景色と並行して延々と続くトレール、朝のゴールデンタイムと重なって美しい映像となっております。

Vaea選手は先日開催されたクランクワークスにて負傷してしまい現在療養中でありますが、早く復活してまたその華麗な走りを披露して欲しいですね!

54月

RMBライダーであるトーマス・バンダハムとその仲間たちが、初春のトレールを気持ちよさそうにライドするムービーです。

雪が完全に溶ける前、待ちきれずにラインを発掘してお気に入りのトレールをメイデンと一緒に駆け抜けております!

真夏のバイクパークももちろん楽しいですが、相棒たちとこうして限られたトレールを楽しむこともまた楽しいですよね。

こんな動画見てたらうずうずしてしまいます、もう今月末には富士見パノラマもオープン、いよいよやってきますよ~!

34月

昨年よりその発売開始が待ち遠しかったフリーライド界にはかかせない歴史を語るムービー「The MOMENT」がいよいよI tune等でローンチされたようです!

ウェイド・シモンズやトーマス・バンダハムをはじめとしたフリーライド界のレジェンド達が大集合しそのライディングを振り返っております。
もちろんRMBも全面的に協力!カナディアンフリーライドシーンには絶対に欠かせないブランドですからね!

その中からウェイドのインタビューを抜粋!フリーライド界のゴッドファーザーとして知られる彼の凄さをみんなが話しております。

公式ティーサーはこちらより!懐かしい人も、この時代を知らなかった人も、マストウォッチです!

24月

先週末2週間に渡り開催されていたEWS2連戦がその幕を閉じました。
サム・ヒル選手が圧巻の走りで連勝となったわけですが、そのコンディションはまさにすさまじいの一言!動画でもそのつらさが伝わってきますね・・・。

コースの全域がマッドコンディションのようなレースであったそうで、前週のチリからは全くもって正反対となりました。

There’s Survival, Then There’s Sam Hill – EWS Colombia Race Day Slideshow — More Mountain Bike Photos

世界のトップライダーがここまで苦労するのですから想像がつきませんね~。

RMBライダー達はプライベーターであるフレンチライダー、ヨアン選手が4位!ジェシー選手が10位という結果で次回に期待です!

SDGライダーのダミアン選手が3位表彰台獲得とみな大活躍いたしました。

早くも次回のEWSが楽しみですね~。これからもエンデューロ以外にDH、XC、BMX全ての競技が盛り上がってきます!

いよいよ本格的なシーズンイン、楽しんでいきましょう!

 

313月

RMB自慢の新型XCトレールバイク「Thunderbolt」の楽しみ方、走らせ方がまさにわかる素晴らしいムービーになります。

あまり馴染みが無い土地かもしれないですが、カナダ東部、アメリカ北東部の地域は素晴らしいトレールが多数存在しております。

その土地を縦横無尽に駆け回るRMBライダーズと「Thunderbolt」本当にXCトレールライドという言葉がふさわしいライディング風景になっておりますね!

EWSライダーからXCアスリートまでを納得させるその安定感、ペダル効率の良さは一日を通して楽しめてしまいます。

前後130mmストロークバイクの生み出す可能性は無限大でありますよ!

このムービーにまつわるストーリーはこちらでチェックできます。

RMBの生み出す世界観をお楽しみくださいませ!

293月

先日発表されその注目を集める「Thunderbolt」でありますが、早速PINK BIKE内の記事にてレビューが組まれております。

何が変わったの?という純粋な質問でありますが、その全てが変わったのであります!

フレームのプラットフォームを見直し、AltitudeやInstinctで定評のある同様のシステムを搭載、もちろんブースト規格も採用し剛性感も抜群でございます!

ストロークは前後130mmとなり、まさに日本のトレールへふさわしい長さ、ジオメトリーもトレンドであるロングトップチューブとショートチェーンステーの仕様で安定感と操作性を両立しております。

ショックマウントにもベアリングを採用し更なる路面接地感を生み出しているんです。

タイヤサイズは27.5 x 2.5インチ、26 x 2.8インチまで対応しております、太いタイヤで更なる安定感を得ることも可能でありますよ!

国内でも徐々に目にすることができるかと思いますが、RMBからも更に魅力的なムービーやストーリーが展開予定となっております。

今後もこの「Thunderbolt」が見せる世界にご注目くださいね!

283月

それぞれの長いレースシーズンやコンペティションシーズンを終えて、ライダー達がユタの大地に集合しそれぞれライドを楽しむ姿を収録したムービー、
こちらは昨年末あたりになるそうですが、ユタの大地はとてもライドしやすそうですね!

RMBライダーのカーソン・ストーチ選手、トーマス・バンダハム選手も合流し、その豪快なライドを惜しげなく見せつけております。

リラックスライドと言ってもやっていることは凄いことには間違いないですが、
こうしてジャンル関係なくライドして楽しめる時間はトップライダーにも必要なのでありますね!

273月

お待たせいたしました。ついにこのバイクも生まれ変わったようです!

そうですRocky Mountain Bicyclesを代表するモデルの一つ「Thunderbolt」
XCトレールというまさに日本の里山ライドには最適なカテゴリーのバイクであります。

前後のストロークは130mmと短すぎず長すぎず、一日のライドを楽しむことに最適な長さとなっているんです!

フルモデルチェンジとなったフレームは、InstinctやAltitudeと同様のプラットフォームでその性能は折り紙つき、
リアハブスペースも148mmブースト規格となり剛性感も抜群であります!

もちろん「RIDE-9」システムを搭載することで自分にあった最適な乗り味を見つけることができるんです。

これから始まるMTBシーズンに、まさに丁度良いタイミングでのローンチでありますね!まだニューバイクに迷っているあなた、
この「Thunderbolt」は間違いなくあなたを楽しくさせてくれますよ!