カテゴリー: SDG
1311月

言わずと知れたI-BEAMテクノロジーでDHレーシング界を圧巻するSDGのサドル達、その性能は主にDHに向けられたものと思われがちでありますが、
もちろんそんなことはありません!

#ibeamtech at @derbycitycup. #rideSDG #rideingoodcompany

SDG COMPONENTSさん(@sdgcomponents)がシェアした投稿 –

国内海外を問わず盛り上がりを見せるシクロクロス競技においても、もちろんその性能を発揮するんですよ!

ライドだけでなく、押し担ぎのあるシクロクロスレースでI-BEAMの軽量さはかなりの武器になります。
調整のしやすさからも、セッティングを出すことが容易になりますね!

そしてシクロクロスといえばドロドロになる・・・なんてイメージがあるかもしれません。
そんな後に待っているのは洗車、I-BEAMのプラスチックベースは泥の落ちも早いので、洗車スピードもいつもより早くなるかも?!

Bikes ready to race for @aetherracing @nickzillapetrov. #ibeamtech isn’t just for downhill. #rideSDG #rideingoodcompany

SDG COMPONENTSさん(@sdgcomponents)がシェアした投稿 –

もちろんロード、XC等全てのジャンルに使えます。あなたの愛車も全てI-BEAMで揃えてみてはいかがでしょうか?!

711月

Production Priveeのコックピット、SDGのシートを使用するフランスのスロープスタイルライダーであるヤニック・グラニエリ選手にフューチャーしたムービー、
自身の専門分野であるジャンプ以外にも、エンジン付きを含めてホイールライフをエンジョイしておりますね!

ここまで自在にホイールを操ることが出来たら本当に面白そう、クルマやバイクも同選手からしたら同じ感覚なのでしょうか?!

PPのコックピットはこうした選手よりのフィードバックがあり開発されておりますので、頑丈であること間違いがありませんよ!

ステムとのマッチングも最高ですので、是非セットで揃えてくださいね。

少しずつ寒くなってきましたが、まだまだ外でホイールライフを楽しみましょう!

311月

最近続々とMTBフィルムの素晴らしい作品が生みだされておりますね。今回御紹介するものは公開が2018年の春と少し先になってしまうのですが、
このティーサーを見ただけでもかなり期待できるような内容となっております!

RMBライダーのカーソン・スト―チ、TLDライダーのトム・ヴァン・ステンバーゲン、そして同TLD&SDGライダーであるキャメロン・ジンクとダレン・ベルクロスを迎えた豪華な布陣の作品となっております!

「North Of Nightfall」という題名で、北米のかなり寒そうなエリアでの撮影だったようですね。

参加したライダーが、かなり壮大で壮絶だったと語っていることからかなりの期待出来そうな内容!

早くも待ち遠しいです!

2810月

皆さんRed Bull Rampageはライブで観戦されましたでしょうか?!夜遅いから寝てしまった・・・という方にも安心のリプレイがもちろん配信されておりますので、ご安心くださいね。

そしてその結果は既にご存じの方も多いかと思いますが、見事にTLD&SDGライダーであるキャメロン・ジンク選手が2位を獲得いたしました!

もうもはやそのライディングの想像も出来ないラン、どうしたらそこからバックフリップすることを考えるのでしょう・・・・。(笑)

まさにレジェンドとしか言いようがないキャメロン選手、TLDのスカイラインキットがばっちりと決まっております!

注目されたカーソン選手は7位でありました。こちらも大きな拍手を送りたいですね!

本当の意味で命がけで素晴らしいエンターテイメントを見せてくれるライダー達には感謝であります。

年々その走りを進化させているRampage、早くも来年が楽しみでありますね!

When everyone expected a rematch with the 360 that spoiled Zink’s 2016 Rampage, we were treated to a flip.
2710月

さていよいよ今年もこのタイミングがやってまいりました。

Red Bull Rampage 2017まで残すところ後数時間!今年はどんなライダーがどんなラインで、どんなトリックを披露してくれるのでしょうか?

昨日までの練習の模様を見る限りでは、昨年より更にハードなラインを攻めるライダーが増えていそうでおりますね・・・。

エイアンドエフが取り扱う製品を使用するライダーも多数参加!昨年ベストトリック賞並びに3位入賞したRMBライダー、カーソン・スト―チ選手。

TLDを代表するフリーライダー、ブランドン・セメナック選手、キャメロン・ジンク選手、そしてトム・バン・ステンバーゲン選手。

SDGライダーも優勝経験のあるカイル・ストレイト選手と、ジンク選手も使用しておりますね。

昨年度の優勝者、ブランドン選手もかなりスムースなランを決めており、もちろん優勝候補筆頭!

灼熱の大地で誰が頂点に輝くのか、ライブはこのリンクより観れますので是非!

2410月

サドルメーカーとしてその名を知られるSDGコンポーネンツでありますが、同時にグリップもラインナップにあるのは皆さまご存じのはず。

そのパターンと握り心地から隠れたファンが多い名品であったのですが、今回新たに「Slater Grip」と呼ばれるニューモデルをリリースしているんです!

今までのダブルクランプロックオンタイプに比べ、シングルクランプ形式になりより軽量化を実現。また手のひらにしっかりと馴染むように設計されたテーパー形状のデザインで握り心地も抜群なんです!

もちろんエンド部分は固いプラスチックで保護されておりますので、転倒した時も安心でありますね。

そしてSDGといえばその豊富なカラーラインナップが特徴であります!

ブラックはもちろんのこと、サドル同様かなりのカラー展開!SDG同士ですのでサドルとマッチングする色目になっておりますね。

バイクに合わせて、サドルと合わせて、あなたはどのカラーを選びますか?!

1010月

先週末は山口県トクサガミネスキー場にて、Coupe du Japon第6戦が開催されておりました。

国際大会ともなっているこのレース、もちろん全国からレーサーが集結し、生まれ変わったそのコースでアツいバトルが繰り広げられましたよ!

男子エリートクラスのカテゴリーでは、SDGサドルを使用する井本選手が見事に優勝、全日本選手権からの好調を維持しております!

永田ジュンヤ選手は惜しくも表彰台を逃しましたが、こちらも4位と最終戦へ期待であります!

TLDライダー泉野選手はミスが響いて8位という結果でありました。きっと最終戦ではカマシテくれるはず!

最終戦はおなじみ長野県富士見パノラマリゾートで、10月14-15日開催となっております。

詳細はこちらのウェブサイトで確認できますよ~!

さあシーズンも大詰め、皆さま最後までエイアンドエフライダーズを応援よろしくお願いします!

410月

EWS最終戦イタリア大会の、その激アツであったバトルの模様が早速動画としてまとめられております!

優勝はSDGコンポーネンツのサドルを使用する、ダミアン・オトン選手!二日間7ステージに渡る長丁場を安定した走りで見事に勝利致しました!

RMBライダーも7位にフローリアン・ニコライ選手、8位にレミ・ゴーヴァン選手と大活躍、チームランキングも2位と今年も皆の力でポディウムに立っております。

それにしてもこのフィナーレ・リグレの大会はギャラリーの多さが凄いですね!

全てのステージでコース脇に人人人、これはライダーも興奮すること間違いない。トレールもかなり楽しそうで、普段レース以外でもこれらのトレールはもちろんオープンしておりますので、是非トリップのプランをたててみては?!

EWSのレーサー達には長いシーズンを戦い抜いたこと、お疲れ様と言いたいですね!

来年のEWSを楽しみに待ちましょう!

210月

少し前のレースになってしまいますが、今日はウィングヒルズリゾートにて開催されたCJシリーズの写真シリーズになります!

AKI FACTORYチームさんよりのものになりますが、井手川選手、永田選手がSDGのシートを、泉野選手がTLDのウェアーを愛用してくれておりますね。

台風の影響で一発決勝となったウィングヒルズ、もちろん路面はマッドです・・・!

井手川選手はマッドコンディションでもしっかりグリップしてくれるSDGのSTORMモデルを使用!

マッド路面の中でもTLDのウェアーは目立ちますね!テクニックを駆使して難セクションを攻める泉野選手。

そして見事に泉野選手が3位入賞、優勝は同チームメイトの加藤選手であったので、チームとしては良い結果だったのではないでしょうか?!

国内レースはこれからまだラストスパートが残っております。最後までエイアンドエフライダーズを応援よろしくお願いします!

189月

先週末、日本は大型の台風が直撃とのことで各地で雨に振られまくった方も多かったと思います。

しかしそんな中岐阜県はウイングヒルズ白鳥リゾートにて国内MTBシリーズであるCoupe du Japonが開催されておりました!

台風の影響で、スケジュールに変更があり決勝はエリートクラスも予選無しの一発勝負、そんな緊張感のあるレースでTLDライダー泉野選手が見事に3位表彰台を獲得いたしました!

自転車に跨って降りる事が困難なドロドロセクションもあったようですが、落ち着いた走りで見事に表彰台を獲得です!

D3ヘルメットを着用する青木選手も5位、SDGライダー永田選手、井本選手、井手川選手も安定のトップ10であります。

井手川選手のインスタグラムより、かなりのコンディションだったようですね・・・。

写真は入手次第またアップ致します!次週は連戦となりますが、新潟県は妙高でCJが開催されます。

参加される皆さま頑張ってくださいね!