カテゴリー: ROCKY MOUNTAIN BICYCLES
223月

現在ニュージーランドはロトルアにてクランクワークスが大絶賛開催中でありますが、時を同じくしてエンデューロレースの最高峰EWSが今週末
南米チリにて開催されようとしております!

そして今年新たに生まれ変わったRMB/RACEFACEチームにとってもキックオフとなる大事なレースでありますね。

怪我を負って出場が危ぶまれていたレミ・ゴーヴァン選手も何とか間に合いレースに参戦する模様。

Checking out the views here, they ain’t bad!

Jesse Melamedさん(@jessemelamed)がシェアした投稿 –

先日同チリにて開催されたアンデス・パシフィコで見事優勝を遂げたジェシー・メラメド選手も万全の準備で参戦です!

まずはその広大な土地に慣れ、日曜日のレースで爆発してくれることを祈りましょう。

こちらからも目が離せませんよ~!

203月

Rocky Mountain Bicycleより、XCレーサーには待望のNEW Vertexがローンチとなりました!

高性能なカーボン素材により軽量高剛性に仕上がっただけでなく、ジオメトリーを最新のトレンドであるショートチェーンステー、ロングトップチューブ方向へと
一新したことでより高速域での安定感と共にハンドリングの高さが向上しているようです!

最大タイヤ幅も29インチであれば2.3、更には27.5+サイズタイヤにも対応し2.8インチ幅まで受け入れることができるんですよ!

 

Rider: Lukas Baum
Photo: Dennis Stratmann
Location: Cadaques, Spain

リアハブ幅は148mmブーストスペーシングで安定感、剛性もしっかりと確保されております。

C90グレードとフレームセットには最高級のカーボン素材が採用され究極の軽量化が施されて、シビアなXCレースシーンにもバッチリであります!

Rider: Sascha Weber
Photo: Dennis Stratmann
Location: Cadaques, Spain

伝統の名車が生まれ変わったその乗り味を、是非その手に!

詳細はお近くのRMBディーラー様まで。

193月

先日キーガン選手の優勝で幕を閉じたクランクワークスエンデューロでありますが、早速そのバイクチェックが特集されております!

サドルはフライを使用しているのでしょうか?!ブラックでまとまってカッコいいですね。

女子クラスで3位を獲得したVaea選手のアルチチュード。ファクトリーエンデューロチーム同様大活躍いたしました!

ローカルライダーのインスティンクトBCエディション、こちらロトルアでも多くのRMBが走っております!

せん

Kiwiレジェンドのネイサン・ランキン選手はTLDウェアがバッチリときまって渋かったですよ~。

まだまだ続くクランクワークス、DHも楽しみでありますね~!

93月

本当に時間が過ぎるのは早いもので気が付いたらもう3月も半ば!ゲレンデDHシーズンも開幕間近ということで、
そんな気分を上げるバイクの写真でも見て準備していきましょう!

Vital MTBのおなじみ今日の一台!に選出されていたRMBのレースからバイクパークラップ、ビッグマウンテンライドまでこなしてしまうモデル、
MAIDEN」のスウィートなビルドであります。

オレンジとのマッチングが最高にあっておりますね~。MAIDENは27.5、26インチのホイールが両方装着できるデザインになっておりますので、
あなたの好みに合わせてその顔を変えることができるんですよ!

そして見た目からも想像できるその頑丈さは折り紙つき!まさにびくともしないとはこのことであります。

毎週のバイクパークラップに最高のお共になってくれるはず、是非今年のお共にどうぞ~!

83月

先日RMBから、今週中に何か大きな発表があるよ!というアナウンスがInstgaramであったのですが、それは新しいモデルである、
「Solo」というグラベルロードバイクのローンチでありました。

大変残念ながらこちらのバイク、ワールドワイドの展開ではないので今のところ日本国内での販売予定はないのでありますが、
そのローンチ動画が素晴らしくかっこよく壮大なものでありますので、ぜひご覧になってくださいませ!

RMBライダーの一人である元USオリンピック代表クロスカントリーレーサーのサミュエル・シュルツ選手、
度重なる怪我を理由に少しレースから遠ざかり、バンでアメリカを愛犬と一緒に旅する模様がドキュメンタリーのような形で紹介されております。

そのアドベンチャーのお供が今回発表されたSoloということなのでありますね。

今季はかなりこうした動画がかっこよくなっているRMB、ぜひそのワールドを感じてくださいませ!

63月

RMBライダーであるカーソン・ストーチ選手、先日2週間半に渡り遠征したニュージーランドトリップの模様が特集されております。

Carson Storch New Zealand

昨年よりフィルミングやフォトシューティングに力を入れているカーソン選手、今年もヨーロッパでのコンペティションかこの遠征、どちらか悩んだそうですが、
師であり友達であったフリーライドレジェンド、ケリー・マクギャリー選手を追悼するイベントが開催されるということもあり、このNZ遠征を決意したそうです!

Carson Storch New Zealand

メイデンでのビックジャンプから、スレイヤーでのフリーライディング、プロトタイプのバイクでダートジャンプジャムへの出場と、
バイクを選ばず乗り倒しニュージーランドを満喫したようです!

Carson Storch New Zealand

物静かではあるけれど、仲間とのつながりを大事にしそしてなによりライディングが大好きなカーソン選手、Love the rideの精神をもつ
RMBのバイクとは最高にマッチしていること間違いないですね!

 

Carson Storch New Zealand

素晴らしい写真達のフルバージョンはこちらから!その世界観を感じてください!

43月

RMBサポートアドベンチャーライダーであるTito Tomasiが今度はどこを旅しているのでしょう?
そうです南米はエクアドル、その広大な自然には標高5100mの高原から700mのジャングルまで、かなり豊富な地形が備わっているようであります!

あまり行ったことがあるという方は多くないかもしれないですが、まさにTitoが言うには走る価値あり!のトレールが満載だそうです。

どんな地形でも楽しめてしまうRMBのバイクと共に旅すれば、きっと最高になること間違いないですね。

それにしてもこうしたアドベンチャー要素の強いトリップは、どういう準備をしていけばいいのでしょうね~。
アウトドア用品が必要であればきっとエイアンドエフ商品があなたの役に立つこと間違いないですよ!

33月

先日RMBのインスタグラムにてポストされていたこの記事、新しい何かがあなたのところへ来週やってきます!という内容。

Next week, we have something new coming your way! Rider: @samschultz13 Photo: @margusriga #lovetheride

Rocky Mountain Bicyclesさん(@rockymountainbicycles)がシェアした投稿 –

いったい何なのでしょう。ライダーはサミュエル・シュルツ、写真は広大な道、というところを見るとあまりダウンヒル方向に偏った発表ではなさそうですが、
その姿はベールに包まれたままであります!

首を長くして楽しみに待ちましょう!

13月

RBMを代表するサスペンションテクノロジーの一つ、「RIDE-9」システム。文字通り9種類からヘッドアングル角度を調整出来サスペンションレートも
同時に変更できるという画期的なシステムなのですが、今いち試し切れていない!という人も多いのではないでしょうか?

今回は新たにとてもわかりやすい下げ札がRMBより登場いたしました!

二つのアーレンキーで簡単に設定できるこのシステム、まずは写真にある1、5、9のポジションから試してみてください。

書いてある通りに、1のポジションは一番ヘッドが寝ている状態でハイスピードでの安定感が生まれ激しいトレールに適しています。

5のポジションはニュートラル、ハンドリングと安定性のバランスが非常に良いまさに真ん中のポジション。

9のポジションは一番ヘッドアングルが立っている状態で、クイックなハンドリングでテクニカルな登りでのトラクション力に優れます。

あなたの好みのライディングスタイル、コースに合わせて少しずつ変えて試してみてください、更に手足のように扱えるかもしれません!

更に詳細はホームページより確認してみてくださいね。これで更にライドが楽しくなりますよ~。

242月

先日チリで開催されていたマルチデーエンデューロレース「Andes Pacifico」をInstinctで制したRMBライダージェシー選手の走りが
POVとしてアップされております。

まさにその風景は広大で、路面のコンディションはアンチグリップ!でありますね。
しかもこのレースは練習走行無しのブラインドレースでありますので、そのスリルは倍増かそれ以上なこと間違いなし!

そんな過酷なレースを制したジェシー選手、見事であります。

動画でも伝わるハラハラ感、そしてInstinctの速さを是非お楽しみくださいね!